読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

ファミコンBGMに馳せて

現在ゲーム制作に参加しておりまして、そこで音楽を作っています。

 

音ゲー音楽ゲームの略かな?)、ということで音楽がそのままゲームの遊び加減に関わってくるのですけど、それは置いておいて、ここではファミコンで鳴るようなイメージでいわゆるピコピコ音楽を作っています。

 

実機ではないにしろ、出来るだけ実機から聴こえるであろう音楽をーもう少し言うと、自分が子供の頃に聴き育った音楽を作っているわけですけど、自分の曲を聴いていてもどこか懐かしいんですよね。リアルタイムでファミコンを遊んでいない人からすれば、無味乾燥な音色でしかないのかもしれないけど、我々の世代はこの音を聴きながら、それこそ色々な冒険をしたものですよ。そして、想い出がある。

 

現在制作中のゲームにおいて、一応自分の範囲である音楽は作り終えたので、これから難易度の調整をしつつ、より良く聴こえるようにアレンジや録音を考えているわけですけど、折角ここでこういう音楽制作の機会を得たわけだから、もう少しトライしてみたいなとも思うわけです。

 

今年の始め、Natural Game Soundsというゲーム音楽用の素材をリリースしました。

SRPG Studioに向けた音楽集でして、サンプルとして入っている画像集にも合うようにオーケストラ主体でのBGMを用意しているのですけど、こういった体でファミコンサウンドによる音楽集を作ってみようかな、なんて思ったりしています。

 

でも、一方で需要があるのか?とも思うんですよね。

 

多くの方に使ってもらえる素材ではないだろうとは思うし、使ってもらえないなら素材としてリリースする意味があるのか?と思いもするのだけど…う〜ん、難しいところです。