誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

NEOKET2に参加して

今回初めての参加だったオンラインイベント”NEOKET 2”が23日20:00に閉幕しました。

neoket.net

 

同じピクシブ主催のAPOLLOが音楽イベントであるのに対して、こちらはイラストが主体のようなので、あまり引きがなさそうだなあと思ってはいたのですが、イベント自体に参加する機会があまりないので試しに参加してみたわけです。

booth.pm

 

以前、同じような仮想空間で出展するオンラインイベント”MusicVket”に参加したことがあります。

 

ただ、ブラウザで処理するからなのか、動作が恐ろしく重く、自分の環境ではブースを見て回ることはおろか、店番すら厳しい状況で、今回もしんどかったらコアタイムも欠席しようかなと考えていたのですが、こちらは専用アプリのためか、特に遅いということもなく、ごく普通に仮想空間をみて回ることができました。そういう意味ではこちらのイベントの方が魅力的ではありますね。

 

とはいえ、やっぱり音楽関係の参加者(お客さん)は少なかったです。

 

イベント開始時からコアタイムまで制作作業をしながらではあったけど、店番をしていたのですが、サンプル動画にあるような混み方はしませんでした。

www.youtube.com

 

イラスト関係の島はもう少し混んでいたのかもしれないけど、多分ここまでにはなっていないんじゃないかな。そういう意味では少し残念だったけど、それ以上にコアタイムでも店番として現れる人が少なかったのが残念でしたね。確かに強制ではないんだけど、とりあえず出展だけしておいて、売れたらラッキーという考えの人が多いのかな?

 

こういう人が多いとイベントの盛り上がりにも欠けるし今後にも繋がっていかないような気がしてしまいます。

 

売り上げとしては、音楽イベントのAPOLLOよりありましたし、目の前でアバターとアクション(手を振ったり)してコミュニケーションをとれたのが面白かったですね。自分はアバターを制作する時間がなく、用意されていたものを使ったのですが、訪れる方のほとんどはオリジナルのアバターらしく、色々な人を見るだけでも楽しかったです。(中には人間じゃない人もいた)

 

今回参加してみて、個人的には面白かったんですけど、コアタイムにも出展者を含めて人が集まらない様子を見ると、オンラインでの参加は面倒と感じる人が多いのかな、なんて思いました。もう少し賑わいをみせてくれると良いのですが…。

 

年明けに想像していたより忙しい状態になってしまったのですが、今年はまた他のイベントにも出展したいと思っています。頑張ろう。

2021年の投薬

2019年4月、発症した潰瘍性大腸炎の治療が済み、退院したわけだけど、難病ということで食べ物の制限と飲み薬が続いております。

主に脂質の制限なんだけど、もともとそれほど脂っこいものが好きじゃないので、ラーメンや唐揚げ、焼肉の類が食べられなくなっても特に困りません。むしろ、そういうストイックなことが好きなので、その分プロテインサプリメントなどを買ってトレーニングしていたりします。

 

ただ、さすがは難病指定されるだけのことはあるもので、こういう風にストイックなことをしていても、症状は悪化するんですよね。

 

2021年6月に大腸カメラで検査してみると、素人目で見ても分かるくらい悪化しておりまして、注腸という薬が追加になりました。当初はペンタサというものだったんだけど、あまり効き目がない様子だったので、写真のレクタブルになりました。

f:id:natural-wings:20220101121333j:plain

レクタブル

一日二回一缶で一週間分。

ステロイドを含むので、作用としては強めなのだけど、その分副作用というか、免疫力が落ちるのもあって、主治医曰く「あまり長く続けさせたくない」とのことでした。

 

幸い2021年後半は良くなってきたので、一日一回になり、年明けからペンタサに戻りました。ただ、ペンタサの方が面倒ではあるんですよね。腸に行き渡るよう床でゴロゴロしないといけないのだけど、冬は板の間冷たいし。

 

とはいえ、良くなってきているわけだし、次の大腸カメラまで続くのは決定しているけど、入院はいやなので引き続き節制していこうかと思います。

 

次のカメラ検査で良くなっていたらカレーライス食べたい。

明けましておめでとうございます

2022年が明けました。おめでとうございます。

皆様はいかがおすごしでしょうか。

ウィルス騒ぎも落ち着いてきたような気がするけど、私は今年もどこへも行かずにゲームしたり作曲したりしています。

 

年末に振り返るために、今年の目標というかやること、やりたいことを書き出しておきます。

 

  1. アクションゲームの楽曲制作
  2. シューティングゲームの楽曲制作
  3. アルバム制作

 

この辺りが今年の目標で、アクションゲームの楽曲制作は年末から少しずつ進めています。余裕を持ってスケジューリングしているので、30曲くらいあるけど5月6月くらいにアップできればと思っています。ファンタジー世界をイメージしたアップテンポな曲なので、楽しんでもらえたらいいな。

 

シューティングゲームはこちら。

リリースまではもう少し時間がかかりそうですけど、昨年末に少しバタバタしたので少しずつでも進めておきたい。

 

戦争をテーマにしているので、オーケストラを基調に気持ちが高揚するような曲にしつつ、戦争の虚しさや悲しさを織り交ぜています。STGファンは音楽にこだわりがある、という話なのでちょっと怖い気もするけど、聴いてもらえるのが楽しみだったりもします。

 

最後にアルバム制作。

一昨年から参加しているファンタジー企画の楽曲をまとめてアルバムにしたい。

とはいえ、楽曲数は半分用意があるものの、まだ半分足りないので、前述の二案件次第ですかね。

 

その他、GameMaker Studio2を触って何か動くようにしたいとか、これまで担当したゲーム音楽をセルフカバーしてアルバム作りたいとか、RPGツクールの素材音楽を作りたいとか、レトロサウンドで何かやりたいとか色々あるんだけど…時間を考えると現実的ではないですね。何とか時間を作って、これらの足掛かりでもできたらいいなあ。

 

…と、今年も色々とありますが、一つ一つ積み重ねて年末には充実したと思えるようがんばろうかと思います。

 

今年もよろしくお願いいたします。

2021年を振り返って

もう2021年も終わりですね。

早かったような遅かったような。

ずっと引きこもっているからなのか、例年に比べて時間の流れがゆっくりしていたような気もするけど、どうだろう?

 

結局のところウィルス騒ぎも収束せず、リアルイベントには今年も参加できなかったのが残念でした。オンラインでのイベントには参加していたのですけど、やっぱり対面と比べて反応が弱いというか印象に残りづらいという感じでしたね。来年こそは参加できるといいんですけど、新しいカブが蔓延しつつあるようですし、はてさて。

 

また、今年掲げていた「こんなことがやりたい」を振り返ってみると…さっぱりでした。ファンタジー企画の楽曲も完成できなかったし、オリジナルアルバムもできなかったし、ゲームエンジンにも全く触れなかった。ファンタジー企画は全体の半分まで作ったのだけども…う〜む。

 

ただ、何もしていなかったわけじゃなく、年明けから動いたことを優先していたので、成果としては結構あったのかなとは思います。

 

まず、てんぽくさん制作の「新・北海道4,000km」。

楽曲は2020年に仕上げていたので、リリースを万歳万歳していたらサントラについての問い合わせをチラホラといただくようになりました。

 

この作品だけだと曲の長さを全部足しても少々物足りないので、前作「札幌駅シリーズ」もまとめていつかリリースできればいいなと考えていたんですけど、リクエストがあるなら早めに応えたいというのもあって、予定を前倒しにしたわけです。

 

個人的に気に入っている曲をピックアップしてアレンジしたいというのもあって、結果的には割とボリュームのある作品になったかと思います。

 サントラはゲームで遊んだ人しか興味の湧かないものですし、その中でもさらに限られてくると思うので、CDの問い合わせがあったものの配信のみにしたんですけど、CDにしても良かったかなと思ったりしました。

 

年末のコミケでは「新・北海道4,500km」の体験版(?)が頒布されるとのことで、こちらにも楽曲を追加しています。リリースは来年かと思いますけど、また音楽と一緒に楽しんでもらえるといいなあ。

 

RPGツクールの素材音楽集も制作しました。

株式会社Gotcha Gotcha Gamesさんと縁があり、公式ダウンロードコンテンツとしてリリースしたのですが、ツクール素材についてあまり知識がなかった上に、初めてご一緒するということもあり、ちょっと時間がかかったかと思います。曲数が50近かったのも原因ですけども。

 

楽曲自体はスーパーファミコンの音色を模しているので、タイトル通り90年代のRPG(コンシューマー)が好きだった人には面白がってもらえたのかなと思います。リリース後に販売数を教えてもらったら、割と偏っていたのが驚きでしたね。音源が特殊だから、みんな売れるか、みんな売れないかのどちらかかと思っていたのに…。

 

ちなみに、音源ライブラリーはこちらを使いました。

ロマンシングサガそっくりの音色です。

高校生の頃、友人が遊んでいるのをよく聴いていたので、懐かしさを感じつつ自分なりの感覚でRPGで必要になるであろう曲を一通り作ったわけですけど、まだ使っていない音色もありますし、機会があればまた作ってみたいなと思ってます。SRPGstudio用の素材音楽を作ってきたので、SRPG向けに作ってみるのも面白そう。

 

その他、年末ギリギリにYoutube番組のために曲を作りました。

「新・北海道4,000km」から繋がった縁ですね。

 

コツコツと続けていると、こんな風に一つの依頼が他の依頼を運んできてくれます。

これは自論なんですが、最もいい営業は「その時の依頼(制作)に全力を尽くして良い仕事をすること」なんじゃないかと思うんです。

 

時々、「自分には大した実績がないから…」と言っている人を見かけます。

全く何もしていない人は論外ですけど、多少なりとも制作をしていてお話が来ないというのは、その時の制作が人の気持ちを掴まなかったというだけなのでは?と思うわけです。責めるのは他者ではなく、自分自身じゃないかな。

 

他者に何かを期待して待つより、自分で何かをした方が精神衛生上良い、というのもあるけど、この辺は今後も肝に銘じておきたいものです。

 

後は、18歳未満お断りのゲームにも楽曲提供しました。

来年リリースとのことですが、どうやって宣伝しようかと悩んでいたりします。

 

体調面では少々悪化した1年でした。

自覚症状はないんですけど、内視鏡検査の結果悪くなっていたので、薬が増えてしまい、ちょっと面倒ですかね。来年の内視鏡検査では改善しているといいのだけど…。

 

と、いうわけで、掲げた目標は達成できず、オンラインが基本の一年でしたが、今年も色々な方にお世話になり、おかげで充実した一年が過ごせました。ありがとうございます。

 

来年はもう少し外に出て色々と活動できれば、と期待しつつ、この辺で。

 

皆さん良いお年を。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。おめでたくない人はごめんなさい。

 

一年の計は元旦にあり、ということで今年形にしたいことをツラツラと。

 

まずは、昨年から始めているweb参加型企画「ヴェヌスタリア」の音楽を完成させたい。

twitter.com

公式には16箇所の名所があり、現在作曲したのは4つ。最低でも残りの12箇所を作って自分なりの「ヴェヌスタリア」を形にしたいです。

 

次のアルバムも作りたい。

昨年からコツコツと譜面には起こしていて曲数はあるのだけど、昨年購入した音源もあるし、もう少し練りたい。ちなみに「空」をテーマにアップテンポな作品にしようかと考えてます。

 

それから、昨年購入したGameMakerStudio2のマニュアルを読み切って、何か動くものを作りたい。

www.yoyogames.com

 

体験版を触ってみたら分かりやすく動くものが作れたので、セール期間中にこのゲームエンジンを購入したのでした。

 

隙間時間にゲームのアイデアというかルールをメモしているんだけど、それだけじゃゲームとして遊べないので、まずはマニュアルを読み切って、どういうことをどうすればできるか、というところまで理解して、余力があれば何か動くものを作りたい。

 

その他、「イベントに出展したい」とか「ゲームの音楽作りたい」などありますが、自分の力だけじゃどうにもならないので、まずは自分の頑張り次第で形にできることをコツコツと積み上げていきたい。

 

年末には、頑張ったなって思えるようにしたいですね。

 

今年もよろしくお願いします。頑張ろう。

2020年を振り返って

いよいよ2020年が終わろうとしています。

今年はウィルスのお陰で色々な活動に制限が加わったのですが、考えてみれば騒動が本格的になってまだ1年経ってないんですよね。確か、まだ1月は普通に飲み会だとかしていたような気がする。

 

春には、退院後に参加できるイベントとしてM3があったのですが、この頃から深刻になり始めて欠席し、結局秋はオンラインでの参加のみでした。一方で春のM3には間に合わなかったけど、12thアルバムを形にできたのは良かったかな。

natural-wings.net

 

また、素材音楽集の戦闘曲が少ない、という声をいただいたのでSRPG studio用の戦闘曲集も作りました。

www.dlsite.com

 

籠って作る時間が増えたので、活動の範囲は広がらなかったけど、その分、色々な準備をすることができたかなとは思います。

 

準備、とは少し違いますが、来年のリリースに向けてこちらのゲーム作品のために作曲もしました。

www.yos.ne.jp

 

「札幌駅シリーズ」の音楽に続いてこちらも任せてもらえたのですが、本作では、旅をテーマに広い音楽を奏でてみました。アイルランドの楽器、ティンホイッスルを使って牧歌的な感じになっています。ルールを聞くと結構難しいゲームのようなんですが、音楽共々興味を持っていただけると嬉しいな。

 

それから、web参加企画「ヴェヌスタリア」に音楽で参加し始めたのも、準備とは少し違うけど、新しい挑戦だったりします。

twitter.com

 

共有する世界観をテーマに絵を描いてみよう、というのが主旨なんですが、音楽で参加してはいけないということもなかったので、主催者さんへ話を通して参加しております。

こういう設定というのは、自分で中々思いつかないのでとても面白いですね。今のところ、人の気配のない地域の音楽を作っているので、アンビエントのような曲が多いのですが、これから舞台が移るにつれて、より「ファンタジー世界の冒険」という音楽を作れたらいいなと思っています。

 

話は変わって。

 

巣篭もり需要という話がありました。

 

switchの品切れが続いていたりしたわけですが、自分のところにもちょっと恩恵(?)がありました。自分の楽曲は世界中でサブスクリプション配信をしているのですが、その収入が昨年より大分増えたんですよね。単価が0.01円だとか国によるけど1円にもならないのに…ちょっと驚きました。それだけ世界で猛威を振るっているということなんですかね。来年はもう少し落ち着くかな?この調子で増えたら嬉しいけども、ウィルス騒ぎは収束してほしい。

 

そういう収入もあり、面白い音源を導入したので、次回作にも使っていきたいです。

 

そんなこんなで2020年も、もうすぐ終わります。

今年も1年色々な方にお世話になりました。

いつも以上に人と会う機会がなくなってしまったのですが、本当にありがとうございました。私の音楽を聴いてくれた方々にも感謝しています。

 

まだウィルス騒ぎは続いていますが、少しずつでも収束して、またイベントで笛を吹けたらいいな。

 

皆さん良いお年を。

M3オンラインに参加して思ったこと

時間が経ってしまったけど、先日参加したM3オンラインの感想。

 

私の場合、黙って机の上に作品を並べていてもあまり訴求効果がないので、参加するならライブ…というか適当に楽器を鳴らしたりなど、何かアクションしないと参加していることに意味が見出せないのですが、今回は感染予防のため、それらは中止になり、参加は見送ろうかと考えていたわけです。

 

ところが、今回はオンライン開催もある、ということで、ものは試しと参加することにしました。

 

ただ、M3は基本的に対面での即売会ですし、オンラインでの開催がどのくらい盛り上がるのかというのは全く未知数で、正直なところ、何も起こらないんじゃないかと思ってました。M3に参加できない地方の方からは歓迎の声があったようですけど、結局のところネット通販と変わらないように感じるし、イベント特有の雰囲気がどうしても希薄になると思ってたんですよね。

 

いざ、開幕。

 

現地では感染予防対策が採られたりしつつ動きがあったようですけど、やっぱりオンラインは静かでした。現地とカメラでつないであれこれ映していたようですが、ずっと放送しているわけではないようで、自分が見る時は誰もいませんでしたね。

 

運営側も初めてということで、メッセージボードとか色々と工夫を凝らしていたようですが、参加する度パフォーマンスをしていた身としては、やっぱり物足りなかったです。セールスとしも0ではなかったんですけど、お寒い状況でした。

 

今年は開催されなかったようですが、こうして考えると同じオンライン音楽即売会のAPOLLOってうまくできてるんだなって思いました。

booth.pm

ラジオのようにサークルが登録している楽曲がランダムで流れ続けるというのは、購入意欲がなくても楽しめるし、知らない音楽に触れる機会もあるので、改めてなるほどな、と。

 

次回の開催はどうなるのか分からないけど、今回の状況や開催内容を検討して参加を決めたいと思ってます。直接頒布したいものが色々とあるので、できれば現地参加してパフォーマンスしたいところだけど…どうなることやら。

 

一応、MusicVket2という催しに参加することになったので、今回の経験が何かの役に立てばいいなと思います。

www.music.v-market.work