誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

何故、私は倒れたのか

前回は突然脳梗塞で倒れて一応復旧した、というお話でした。

 

natural-wings.hateblo.jp

 

しかし、何故倒れたのか。

とりあえず生きてて良かったと思ったものの、また唐突に倒れて、そこが病院でなかったら高確率でアウトな訳で、原因は何だったのだろうかと心配にはなりますね。食事だけでなく、行動制限が加わると面倒です。

 

後日、神経科と消化器科の医師による診療説明が行われました。

資料によると2019年4月11日とあります。

以下、抜粋。

 

空気塞栓が出来た要因について調査したところ、主治医及び看護師の操作に問題はなく、バスキャス本体も病院調査では損傷を認められませんでした。過去の報告で、座位でのバスキャスカテーテルの操作による空気塞栓が挙げられており、今回も座位でのバスキャスカテーテル操作が原因となった可能性が高いと考えらえれます。本来なら静脈に混入した空気は肺でトラップされるはずですが、後のエコーで精査した所、卵円孔という静脈と動脈のシャントが存在することが明らかになりました。このことから、静脈に混入した空気が卵円孔というシャントを通過し、脳に渡ったことにより脳梗塞に至ったと考えられます。

 

要約すると、座った状態で採血したので空気が入ってしまった可能性が高い。ただ、例え空気が入っても、普通は脳まで届かず肺で終わるのだけど、私の場合、心臓に卵円孔という穴が空いていて、そこから空気が漏れて脳まで届き、脳梗塞になった、ということです。ちなみに卵円孔という穴は少数の人間に見られるものだそうです。8人に一人くらい…だったかな。

 

とりあえず、日常的に起こりうる症状ではなかったので一安心でしたが、一度壊れた脳の細胞というのは治らないので、今後の経過を診ていく必要がある、とのこと。この時、失明したので眼科での診療も受けたのですが、視野障害が残ってました。生活に支障はないけど、視界の一部が欠けた状態ですね。

 

こういった説明を親は先に受けたそうで、少々イラっときたそうです。採血時のミスではないのか?と。仕事仲間も病院が悪いんじゃないの?と言ってました。

 

そうかもしれないなあと思ったけど、生きていたし、特別腹も立ちませんでした。死んだら死んだでどうにもならないし、その時は生きている人同士で好きにしてくれ、という感じですかね。

 

どちらかというと、中途半端に生き残った場合を想像して恐怖しました。

 

この日から数日間受け続ける高圧酸素療法にも、相応のリスクがあったらしく、失明中に受ける際、親は一筆書かされたそうです。

 

医師曰く。

 

「高圧酸素療法は、通常よりも高圧状態で酸素を供給します。これによって失明が治るかもしれないが、必ずとは言えない。また、高圧状態なので、鼓膜が破れて耳が聞こえなくなるかもしれないし、肺も破れて自力で呼吸ができなくなるかもしれない。もしそうなったら延命治療をしますか?」

 

つまり、死ななかったとしても、目も見えない、耳も聞こえない、呼吸もできない状態になったかもしれない。

 

想像してみてください。恐ろしいでしょ?

他者とコミュニケーションが取れず、一生真っ白な無音室で過ごすようなものですよ。

 

とは言え、こうして無事に生活できる状態で生き残ったので、まだまだ運もあるなあとは思いました。医師から今回の説明を受けて「運が良いのか悪いのかよく分からないけど生きてて良かったです」と言ったら苦笑いしてましたけど。

 

この日から退院まで、脳卒中集中治療科で過ごすことになるのですが、周りには脳卒中で倒れた方がいました。向かいのベッドには両手が不自由になっている方、向こう隣には、足と平衡感覚が麻痺している方、隣には、もはやどこが良いのか分からない方。

 

自分も一つ間違えばああいう状態だったのだなあと思いつつ、生きることや死ぬことについて色々と考えさせられました。この辺はまた後ほど改めて文章にしたいと思います。

 

とにかく。

 

目が見えるって素晴らしい、ということです。当たり前だけどね。

 

余談ですが、眼科の先生に驚きました。

私を診てくれた先生は、とても若く見え、話もとても分かりやすくフランクな方だったのですが、看護師さんに目の症状について伝言してもらったら、偉すぎて連絡が取れない、という。

 

聞けば大学院の教授なのだとか。

 

大学院の教授というと、だいぶ年配というイメージがあるので軽く衝撃を受けましたが、同時に良い先生でもあるのだろうなあと想像しました。

 

「難しいことを分かりやすく簡潔に説明できる人が本当に頭の良い人である」

 

こんなことを言ったのはアインシュタインだったか?(違ったかな?)

 

脳梗塞と失明は不運だったけど、こういう先生とお話ができて幸運でした。