誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

潰瘍性大腸炎との出会い

最初は腹痛と発熱でした。

 

1月25日、丁度インフルエンザが流行っていた時期だったし、仕事場にもインフルエンザに罹った方がいたので、病院へ行くことになったのです。割と平熱が高く、ちょっとの発熱じゃビクともしないのですが、この時はちょっと辛かった。

 

診察を受けてみると、インフルエンザではなく胃腸炎とのことで、胃腸の薬を処方されます。曰く「二、三日で良くなるよ」とのこと。もし良くならなければ、もう一度来て欲しいとも言われたけど、インフルエンザでないなら大丈夫だと安心してました。

 

ところが、薬を飲み切っても良くならず、再度外来へ。

 

医者も首を傾げていましたが、胃腸がすごく弱いのかもしれないから時間をかけて治しましょう、とのことで今度は同じ薬を一週間分処方してもらい、帰宅するわけです。

 

薬が効いてきたのか、飲み切る頃には腹痛も治ってきたのですが、この頃から右膝関節が少し痛くなってきます。ただ、右膝は昔走り過ぎて炎症を起こしたこともあり、寒い時期は痛むことがあるので、気にしませんでした。

 

ところが、だんだんと右膝だけでなく左膝や踵など関節だけでなく筋肉が痛くなる事態になり、再度病院へ。

 

同じ薬に加え、痛み止めも処方してもらったのですが、他の病院へ行った方がいいかもしれないと思い始めました。関節、筋肉痛が尋常じゃなかったので、胃腸炎じゃない何かじゃないかと考え始めていたわけです。

 

数日後、血便。

 

その病院へ連絡してみると「うちには詳しく検査する機材がないから●●病院へ行って欲しい」とのこと。他の病院を考えていたので、渡りに船とばかりに行くことにしました。

 

口頭で説明するのがしんどいので、今までの経過をメモ用紙にまとめて持参し、カルテに添えて提出しました。すると潰瘍性大腸炎の疑いがある、とのお話。”潰瘍性大腸炎”って何?

 

詳しく聞くと大腸炎だけど関節や筋肉が痛くなるらしい。ちなみにこの時は足がむくんでくるぶしがなかったです。

 

詳しく検査をしたいので、内視鏡検査を明日にでも受けて欲しいとなり、この日は採血とばい菌の検査を受けて帰宅。翌日に検査を受けることになるのです。