読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

最速にトライしてみた

notes

天気も良かったので、自転車でのんびりバッティングセンターへ行ってきました。

先日は、90km/hから始めて100km/hを打ってきたのだけど、思ったより打てたので、今回は最速に挑戦してみることにしました。ちなみに最速115km/h。いきなり115km/hは無理でしょうから、素振りの感覚で90km/hからスタートします。

まあ、90km/h〜100km/hは打てますね。前回より真で捉えられなかったけど、ホームランもあったし。

で、100球ほど打ったところで115km/hに挑戦。20代の頃は110km/hが一つの壁だったので、正直、空振りしにいくようなものだろうなあ、と思いながら打席に立ちます。その初球。

キィン。

…意外と球も見えるし、バットにも当たります。時々振り遅れ気味になることもあったけど、空振りもほとんどなく、割と楽しめました。それでも、真で捉えられたのはほとんどなかったけども。

20代の頃に壁だったものが、数年のブランクがあって捉えられるというのはどうなんだろう。あの頃とはフォームが違うからなのかな。ボールを待つ時は、傘をさしているイメージで、打つ瞬間にだけ力を入れるようにしているので、ほとんど疲れない。私より若い人が隣の打席で打っていたのだけど、待ち方やフォロースルーなどほとんど止まらず忙しなく、50球程度でハァハァ言ってました。

「普段素振りしないからもう息が上がっちゃったよ」なんて言ってましたね。

…素振りのせいじゃないと思うな。私も普段素振りしてないけど、50球程度じゃ息上がらないから。

若い頃っていうのは、無駄な力が自ずと入ってしまうものなのかもしれないね。

 

そんなこんなで、今度は115km/hをきちんと捉えられるようにしようと思います。