読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

憧れの皮

読書の好きな方、ブックカバーはどんなものを使っていますか?

書店で購入すると、大抵紙のブックカバーを付けてくれるので、カバー自体に困ることはないのですが、以前から革製のブックカバーに憧れております。できれば、しおりにも良いものを使いたいと思うのだけど、それはまた今度。

 

革製ですと、ピンキリながらもそこそこの値段はするようです。

 

まあ、その辺りも悩みどころではあるのだけど、一番考えるのはサイズなんですよね。

紙のカバーは折り目を変えてしまえば、本の厚みに関係なく覆えるのだけど、革製だとそうもいかないのではなかろうか。京極さんほど厚い本は例外だとしても、薄めの本から厚めの本まで色々持っているので、革製のカバーを購入したらそれらを全部カバーしたいのです。そして持ち歩きたい。

 

革製のカバーを利用している人は、この辺り、どうしているのだろう?

 

厚みに応じて何種類かの革製カバーを持っているのだろうか?それとも、厚みに応じて可変するカバーなのだろうか?

 

ちなみに、今使っているカバーは布製です。カバーに書いてあった文字も擦れて消えてしまったし、買い替えたいなあとは思うのだけど、難しいところです。