読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

昔言ったことが現実になった

色々と一段落してきたので、息抜きにフラフラ機材関連のサイトを覗いていたらこんなものを見つけました。

 

■Oboe & English Horn

http://www.minet.jp/samplemodeling/oboe_ehorn

 

サンプリング技術とモデリング技術を組み合わせたソフトで、早い話が息を使うMIDIコントローラーで実際の(この場合オーボエの)ニュアンスが出せますよ、というものです。

随分前、このプロダクションがクラリネットをリリースした時、「オーボエの音色が好きだから、こういう仕様で今度はオーボエなんか出ないかなあ」なんてブログに書いていたのですが、今回それが現実になったというわけですね。スゴいなあ。

 

サンプルを聴いてみると、やっぱり結構なものです。

中々使う機会がないのだけど、一応息でのコントローラーも持っているので、その内に購入したいな。良い値段だけども。

 

ちなみに、既に販売終了になっていますが、このプロダクションが以前リリースしたバイオリンとチェロの同仕様ソフトも持っています。これが不思議なもので、MIDIデータを打ち込むより、MIDIキーボードを使って実際に演奏・録音した方が楽器のニュアンスが出るんです。データ上は同じような…というより演奏したデータの方がデータとしては適当なのに。

「ライブラリーではなく、楽器」というコピーに恥じない、音楽が楽しくなるソフトですね。