誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

初めての大きな病院

そんなこんなで紹介状をいただき、日医大へ行くことになりました。

前回のお話はこちら。

natural-wings.hateblo.jp

今まで病院の世話になることがほとんどなかったので、初めての日医大はとんでもなく大きな病院だと感じました。診察受付がどこだか分からないので、建物に入ってすぐの総合案内で尋ねることになりましたし。

 

それにしても、こういう大きな病院ってやっぱり大変な症状の人が来るんでしょうね。今回紹介状を持って参上したわけですけど、紹介状がない場合は別途料金がかかるようです。

 

病院には昼頃に到着。

歩くのが辛い中、受付をするとまず採血。

中央採血室というコーナーがあって、たくさんの人が血をバンバン抜いています。何だか銀行の窓口みたいなところなのですけど、私は採血が苦手なので横になって行いました。…しかし、今思えば”横になって採血”は徹底すべきでしたね。

 

で、問診。

 

やっぱり重篤潰瘍性大腸炎とのことで、これは家では治せない、とのこと。食事をすると悪化するので、即入院してもらうのが一番なのだけど、この時期(2月下旬から3月上旬)は病棟が混んでいて部屋が空いていないのだそうです。個室(VIP)は空いているけど、一泊25,000円以上のところに入れるわけがない。入院期間は一ヶ月というし。

 

なので、部屋が空くまでは処方された栄養剤で我慢しつつ、空いたら入院ということになり、また採血。1日に二回も採血したのは初めてだけど、どうせならさっきの一突きで必要な分を採って欲しかった。

 

その後、いずれ入院することになるので、採血後に患者支援センターなるところで、入院の話を聞くことになったわけですが、あれやこれやと話をしている内に部屋が空きました。こんな病気になること自体が不運だけど、とりあえずラッキーということで、明日3月2日から入院ということになって帰宅。この時、18:00くらいでしたかね。建物が広過ぎて出口が分からず、半泣き状態でしたが。(2Fに出口がある)

 

ちなみに、一応処方された薬を入手する為に調剤薬局へ行ったのですが、栄養剤であるエレンタールだけはどこにもありませんでした。日持ちしないし、使う人も少ないから常備していないのだとか。

 

エレンタールを処方された方はちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

 

その夜、入院書類を書いたり、生物を処分したり、あちこちに連絡したりと入院準備をして眠りについたのが午前1時過ぎ。ただ、しんどいことには変わりないけど、病名が分かったので大分落ち着いていました。あとは頑張って治すだけだ、と。

 

そして、明日へと続きます。