読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

海外への楽曲配信

海外への楽曲配信でお世話になっているMONSTAR.FMさんがリニューアルされました。

monstar.fm

どういう経緯でこちらのお世話になり始めたのか記憶にないのだけど、割と早い時期から登録していたような気はします。

 

その後、同様に楽曲を配信するサービスが増えてきて、そういったサイトを知る機会も増えましたし、そういうサービスの営業さんからお誘いを頂くこともあるのですが、今のところこちらでのみ海外配信をしています。

 

それはなぜか。

 

第一に費用がほとんどかからないから、ですかね。

一度登録料を支払えば、それ以降支払う必要がなく、登録料自体も安価です。まあ、収入もその国のレートに従って計算されるし、入金までも間があるので、作家さんの判断次第ではあります。

 

でも、初期投資を抑えて広く聴いてもらう機会を得るならお薦めのサービスではあります。

 

他の同種のサービスですと、売上に対して戻ってくる料金が多かったり、入金が早かったりするのですが、年単位で費用が発生するというケースが少なくない印象を受けます。つまり、ある程度の売上が見込める人のためのサービス、なわけです。

 

私はバンドを組んでライブをしているわけでもなく、音楽自体も少々特殊なので一般的な音楽人と比べることはできないのですけど、それでもそれらサービスの費用を考えると初期投資としては少しハードルが高いんじゃないかなと思うことがしばしばあります。

 

第二に配信先が多いこと、です。

 

折角海外へ配信するのですから、できるだけ幅広い地域に向けたいと思うのは当たり前で、単価が安くても広さでカバーできるのではないかと思うわけです。そして、多くの人に聴いてもらいたい希望を叶えることができる。私の音楽が器楽曲中心ということもありますかね。

 

そう、いわゆるバンドを組んでライブをしている人の多くは日本語で歌っていると思います。そういう方からすると多くの方に聴いてもらいたいという志は同じでも、範囲は限られてくるんじゃないかな。少なくとも”日本語を理解できる人”に。

 

世界中に日本語を理解できる人がどれだけいるだろう。

そんな風に考えると手軽とはいっても、海外へ配信すること自体結構なハードルになってしまう方も多いのでは?もちろん、歌詞が分からなくてもサウンド自体が好き、という音楽ファンもいるので、一概には言えませんけども。

 

わざわざ博打まがいのことをする必要もないし、初期投資を抑えた分、音楽活動へ回せばいいわけですし、身の丈にあった活動をしていきたいものです。