読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

ボルダリングジムへ行ってきました

notes

ボルダリングジムへ行ってきました。

 

■グラビティリサーチ

http://www.gravity-research.jp/

 

ボルダリングをご存知でしょうか?多分、映像は見たことあるけど名前は知らないとかそういう感じなんじゃないでしょうか。そうでもないですかね。ちなみに私はそれでした。

 

割と昔から面白そうなスポーツだなとは思っていたのだけど、野球やサッカーのようにその辺で試すというわけにもいかず、そのままでした。

そんな中、自転車で行けなくもない距離に新しくジムができたらしく、オープン記念のキャンペーンをやっていたので、気分転換も兼ねて遊びに行ってきたわけです。

 

「競技映像をチラっと見たことがある」程度の私。

 

特に木登りが得意だったわけでもないし、筋力に自信があるわけでもないのに楽しめるのかな?と、純粋な興味だけで行ってみたのだけど杞憂でした。突起だらけの壁を素手で登って行くスポーツなんですけど、レベルの低いコースは、向こうへ若干傾斜があるし、割と楽でした。筋力というより、柔軟性や体のバランス感覚を求められる感じ…でしょうか。壁は4.5mほど。見上げる分にはそれほど高さを感じないけど、一番上まで上がると高く見えます。

 

ただ、こちら側へ傾斜のある壁は全体的に筋力を使う感じですね。自重を腕で持ち上げて次の突起へ行ったりするので。スタートポジションを作るのも結構キツい。

一時間コースで遊んだのだけど、後半は筋力(特に握力)が無くなってきてギブアップでした。

 

でも、楽しいです。

 

全身を使うし、単純な筋トレより楽しそうという感覚だったんですけど、壁を登って行くのがあんなに楽しいとは思いませんでした。一方で楽しさを伝えるのが難しいスポーツでもあるなと思います。

まだまだ難しいコースはたくさんあるし遊びきれないので、筋トレも兼ねてまた行ってみようかと思います。

 

ジムにはロープを使ったクライミングもあって、そちらは高さが11m以上あるそうです。素手で登りつつ、途中、ロープで命綱を作り、更に登って行くというもの。インストラクターさんの話によると、自重を支えつつ片手でロープを扱うのが相当キツいのだとか。ちょっとした講習を受けたりもしなくてはいけないらしいけど、いつかはこういうものにもトライしてみたいです。