読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

番長引退

これで98年優勝時の主要メンバーは引退…ということになるのかな?

移籍したり放出されたりすることが多い中、横浜一筋というのは素晴らしいですね。お疲れさまでした。

 

97年くらいからプロ野球といえば横浜ベイスターズに注目してました。ファミスタをプレイする時、足の速い選手が多い大洋ホエールズファミスタだとホイールズ)を使うことが多く、それ以来好きな球団だったんです。ライオンズ(ファミスタだとライオネルズ)も好きな球団だったけど、当時は馬鹿みたいに強かったので、あまり使わなかったんですよね。

 

大学生になり、友人からSFCを譲ってもらって購入したのが”実況パワフルプロ野球”で、その頃には、横浜ベイスターズになってました。

 

打線に関しては十分スタッフが揃っていたし、後ろには守護神佐々木にセットアッパー盛田がいたので十分上位を狙えるはずなのに、万年Bクラス。当時の野村監督は、「どうしてこのチームがBクラスなんだ?」と言ったとか言わないとか。

 

三浦投手はこの頃46番を付けてましたね。

 

引退試合は選手全員現在の18番をつけて臨むそうです。

 

引退試合というと、1/3だけ投げて交代ということが多いけど、連続勝利の記録がかかっているらしく、キチンと先発して責任投球回まで投げるのだとか、しかもチームは二位がかかっているので、負けられない試合。

 

DeNAになって応援する気持ちが萎えてしまった昨今ですが、好きだった横浜ベイスターズの最後の選手として是非、最後を勝ちで終えてほしいな。