読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

お気に入りの本屋がまた一つ

notes

先日、読みたいと思っていた本を購入しようと通り道だった新宿の紀伊国屋書店(南口)へ行くと、張り紙が貼ってありました。

コミックスが主体ではあるのだけど、私がよく読んでいるミステリもたくさん並んでいるので、個人的に”ここへ来れば探している本がある本屋”として学生時代から利用していました。

 

事実上の撤退というのは、やっぱり寂しいですよね。

昔は駅前に大抵一件くらいは本屋があったものだけど、私の住むところの最寄り駅にも本屋がなくなってしまったし、ネットを利用する方が増えたのか、それとも本を読む人間が減ったのか、とにかく残念です。

 

私は本屋が好きです。

ネットを使って本を買うことはほとんどありません。

自分の足で好きな本を探しまわる行為そのものも好きなんです。

 

多分、電子書籍やネットで購入している人からすれば、どうしてそんなに面倒なことをするのか?と思われるでしょう。そんな時間があれば、もっと本を読めるではないか、とも思うんじゃないかな。

 

ごもっともです。

 

効率を追求するならそれが一番だと思います。

 

でも、私にとっては違うんです。

本を探して出会うこと。紙のページをめくること。

そして、文章を読み解くこと。

これらが全て自分にとっての”読書”です。

 

そんな機会が、また一つ失われてしまうのは寂しいです。