読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

私もしらない

book

ふとしたことで知り、チラリチラリと拝見しているカメントツさんの記事。

春から一つの漫画を連載するそうです。

 

 

戦争を体験した人が高齢となり、そのお話を直接伺う機会の減る中、それらのお話を残して行こうという漫画。戦争が悲惨である、恐ろしいことである、というのは、テキストや映画といったものでしか知らない私のような人間からすると、その実体験も、どこか作り話めいて聞こえるんじゃないかという気がしないでもありません。

でも、上述の漫画で登場するおじいさんを見ていると、それでもいいのかなという気がします。

 

人類の繁栄だとか、世界平和がどうとか、そういった大仰な話をするつもりはありません。ただ、戦争だけは架空の世界でだけにしてほしい。

 

本当に大切なことって一体なんだろう。

人が生きるというのはどういうことなのだろう。

 

起きてしまったことはもう変えられないけど、そこから学び、よりよい方向へ進むことができるのではないでしょうか。

 

昔の人の話を聞いてそんな風に思い、行動できるようになれたらいいな。