読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

献本企画その後

昨年、ブクログの献本プレゼントに当選しました。

いつものように、一度目は素直に物語を楽しみ、二度目は構成を確認しながら読んでレビューを書いたわけですが、その他の方の献本レビューが中々投稿されてないようなんです。

プレゼント数が少なかったのかなと思いはするものの、まさか一人二人じゃないでしょう。それほど難解な本でもないし、長くもないので、ひとそれぞれペースは違えど、読み終えるには十分な時間が経っているはず。でも、投稿されない。

 

投稿するにあたって事務局へ問い合わせた時、「文章量や投稿の時期について制約はないので、自由に読んで感想をどうぞ」との返事を頂きました。

 

こういう言葉のまま、読んでそのまま、という方が実は多いんじゃないだろうか、と考えてしまいます。他の本のレビューを読んで、読書の好きな方=文章の上手な方、ではないと思っていますが、簡単でもいいから投稿したらいいのに、と思います。

 

本に限らず、可能な限り作者さんへは感想を送るようにこころがけています。

 

相手に何かを伝えることで、自分にとっての発見があるかもしれませんし、作者さんとしても何か閃くところがあるかもしれない。一方的に悪口を書くのは論外ですが、自分が賛同できなかった部分についても理由を添えて伝えた方が双方にとってプラスなんじゃないかと思うわけです。

 

まあ、中にはイエスマンしか受け付けない面倒な人はいるかもしれないけど、それはそれです。