読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

スーパーファミコン的な

creation

昨年”TOWER”という作品で音楽参加させていただいたのだけど、その流れで現在音ゲーの制作にも参加しております。

あれやらこれやら紆余曲折しつつ、段々と完成形が見えてくる中、音楽チームとしてもどういうものにしようかと考えるわけです。

 

前回のTOWERでは、グラフィックなどSFC時代のイメージということで、音楽も少し古い時代のゲーム音楽をコンセプトに制作しました。とは言っても、チープな音源を使うというのではなく、割とメロディーがはっきりしているというか、分かりやすい音楽を目指したのです。詳しくは当時の日記にて。 

さて、今回の音ゲー

 

やっぱり音に合わせてアクションをする、というゲームなので、リズミカルでポップな音楽が合うだろうということになりました。ただ、音ゲーにもたくさんの種類がありますし、大抵はポップミュージック。中々どうしてユーザの気を惹くのも難しいだろう思い、システムやら何やら検討した結果、今回はSFCの音楽にトライしてみようという話になりました。

 

と言っても、実機を操作する技術はないので、SFCの音源をエミュレートしたサンプラーを使います。

 

PPSE部

 

いやはや何でもありますね。Macで動くというのがまた嬉しいではありませんか。

 

そんなわけで、前回のTOWERとは見方によっては逆さまになりますかね。

TOWERは、今の技術で昔風のゲーム音楽。今回は昔の技術で今の(自分の)ポップミュージック。ただ、ポップミュージックとはいっても、そこはゲーム。しっかりゲーム音楽を作ろうかと思っています。

 

…でも、音を出すまでがまた大変そうなんですよね。