読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

駅で寸借?

notes

帰省の最中、ホームで列車を待っているとおばさんが声をかけてきました。

 

「東京の方へ行きたいのだけど、500円か1000円頂けませんか?」

 

私、イヤホンで音楽を聴いていたんですけどね。どうして、耳を塞いでいない人へ行かないだろう。気付かれずに近寄れるからか?

 

「いや、無理です」と私。

 

相手はすんなり引き下がっていったけど、一体どういうつもりなんでしょうね。要求して来た金額から考えてSuicaにチャージしたいんですかね。ただ、見ず知らずの人間に1000円要求できる感覚が私には理解できない。

ホームにいたということは、とりあえず改札を通過しているわけだけど、目的地まで行けないなら通過した改札から出て、お金を工面してから改めて出発すればいいだろうし、緊急で仕方ないなら鉄道警察へでも行って、身分を証明してお金を借りればいいんじゃないのかね。多分、警察官も同情する理由があれば貸してくれるんじゃないか?…ま、パクられるかもしれんけど。

 

当日は、他の方が被害に遭わないよう祈りつつ帰省したのでした。

皆さんもお気をつけください。