読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

音ゲーで遊んでみて思った

音ゲー制作にトライしてみましょう、ということになったので、まずはどんなものがあるのか色々と試してみました。

私が持っているのはiPod touchということで、iOSで動作する音ゲーを調べてみると、それはそれはたくさんの種類がありますね。とてもじゃないけど全て遊んでいられないので、お薦めサイトで紹介されていて、且つ、高得点なものを重点的に11個ほど試してみたのです。

 

…なるほど。

 

最初は、スマホを縦に持ち親指一つで遊べるゲームが中心なのかな、なんて思っていたのですけど、今回遊んでみたほとんどのゲームは、想像以上に気軽じゃなかったです。自分の選択が悪かっただけなのか、意外と本気でしっかり遊ぶタイプでしたね。リズムに合わせてアクションをする、というスタイルなんですけど、遊んでいると何となくシューティングゲームをプレイしているような気持ちになります。

 

ただ、残念ながら満員電車でも遊びたいと思う程夢中になれる気はしませんでした。

 

遊んでいると、「どうしてこのタイミングでこのボタンを押さなければいけないのだろう?」と考えてしまうんですね。例えばドラムセットの絵が描かれていて、キックのタイミングでバスドラムをタップする、というのであれば納得できるのだけど、どうやらそういうものではなくて、制作者が決めたタイミングでタップするために、音楽がガイドとなっている、という趣なのです。

 

個人的には、少し遊べばルールが分かって、後は画面を見なくても音楽だけを聴いて遊べるというのが理想です。

 

まだまだ、チームでゲーム制作の話を始めたばかりなので、色々と問題も出てくるのでしょうけど、あれこれ知恵を出して、遊んで納得できる音ゲー(特に音楽)を作りたいなあと思います。