読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

併殺祭り

baseball

f:id:natural-wings:20150905121634j:plain

今日は二軍の試合を観戦に行きました。

子供の頃、巨人の二軍戦に連れて行ってもらった記憶があるので、初めての観戦というわけではないのだけど、大人になってからは一軍の試合にしか行った事がなかったから、ほぼ初めて、ですかね。

 

二軍戦は前売り券というのがないようで、いつもならチケットの用意をしてからいくところを今回は球場で当日券を購入して入場、という流れでした。ただ、実際にはどのくらいのお客さんが来るのか分からない。先着80名にはサイン会に参加できる整理券を配るという話も聞いていたので、これに参加するため販売30分前に球場へ着くよう出発したわけです。

 

…うん、結構いました。80名いるかいないか、というところでしたが、流石に相手がジャイアンツということで、そういう出で立ちの方もおります。私の前にいた親子はこのまま東京ドームへ行くのかって具合の武装。さすが二軍でもG。

 

サイン会へはギリギリのところで参加できました。整理券にはアルファベットが振られていて、サインをもらえる選手はそのアルファベットの席に着いている方になるのですが、私は上本選手。丁寧にサインして頂き、握手もしてきたのですが、やっぱり緊張しますね。そしてゴツい。

 

試合は、Gの四併殺もあって被安打は結構多いものの一発攻勢で勝利。

 

G側のスタンドでは「絶対勝つぞジャイアンツ!」って大きな声で応援している人がいましたけど、今回はのんびりと選手の動きを見ながら観戦。勝ち負けにこだわらない観戦もたまには良いものですよ。

 

試合終了後は、折角の機会なので「出待ち」をしてみました。正確に言うと「出待ちをしている人を見物する」なのですが、一軍の試合とは違って本当に選手が近いということを感じます。この日先発した佐藤投手もバスに乗り込む際、私の隣にいた人にサインしていたし、ライオンズチャンネルで「ミルクティーが好き」と言っていた宮田投手にミルクティーの差し入れをしている人もいました。

 

久しぶりに屋外球場でデイゲームを観戦したので少し焼けましたが、昼から夕方までとても楽しい時間でした。何より自転車ですぐに行けるというのが素晴らしいですね。あの中からチャンスをつかんで一人でも一軍へ昇格できたらいいな、なんて思います。

 

が。

 

今だって投手も野手も固定されていないポジションはあるのだから、チャンス自体はあるはずなんですけどね。一軍のレベルはやっぱり相当高いってことなんでしょう。