読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

続・ゲーム音楽を作りたい

素材としてゲーム音楽を作ってみよう、なんて考えました。

世の中には色々なゲーム制作ツールがあるようですし、ループポイントを作って、そのままそれらのツールにインポートすればループするようにして。

 

昔はMIDIデータが当たり前だったけど、昨今、オーディオデータをそのままループさせることまでできますし、私がまだゲームに夢中だった頃に聴いていたゲーム音楽のエッセンスを交えつつ「今の自分ならこうする」という音楽を作りたい。

 

で、実際、素材というのはどういう風に配布されているのだろうと、あちらこちらへ行ってみました。有料無料かはまだ考えていないのですけど、とりあえず、有料の場合、相場はどんなものなのだろう、と。

 

まあ、ピンキリだとは思うのだけど、全体的に薄利多売ですね。単価が恐ろしく安い。自由に使ってもらいたいということを主眼にしているなら、間違ってないように思うのだけども、「金銭のやりとり」が発生するハードルを考えると、無料でもいいような気もします。ただ、自作サイトに無料素材を並べても認知されにくいだろうし、そこはバランスなのかな。

 

正直なところ、これから作ろうとする音楽素材を有料とした場合、価格で肩を並べることはできそうにないですね。使う度にその価格が入ってくる印税形式ならいいかもしれないけど、管理が煩雑になりますし、そもそもフリーウェアを制作しているゲーム制作者さんにとっては、使いにくいことこの上ない。

 

有料にしろ無料にしろ、一度入手すれば自作品でいくらでも使える様にはしたいし、そのゲーム作品が営利的にヒットしてもたかりたくない。

 

素材を作りつつ、この辺りのマーケティング(?)ももう少し考える必要がありますね。…面倒だなあ。