読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

プロの仕事を見た

流石に冬物コートやジャケットは暫く必要ないだろうとクリーニングへ出しました。その際、気に入っている色のオープンシャツも一緒に出すことにしたのです。と、いうのも、どうしても落ちないシミがついてしまったから。

胸ポケットの部分に油でついたような割と大きめなシミ。いくら思い返してみてもこんなところに油染みがついた記憶がないんですよね。胸ポケットにそもそも物を入れないし…。

クリーニング店に出す時、半ば諦め気味に「もし落ちたらラッキーくらいに考えているので、とりあえず染み抜きしてみてください」と言ったのは、一週間程前。

 

で、今日引き取りに行ってきたのです。

 

驚きですね。

シミが全く分からない状態になってました。

言ってしまうと、そのシミ、いつ付いたか分からないので、ある程度時間が経っているはずなんですよ。だから余計に質が悪い。それでも落としてしまうのは本当に驚きでしたね。久しぶりに感動しました。

そこは全て手作業でクリーニングをしているので、たくさんは受けられないという職人気質のお店。こういうお店、私大好きです。

 

頻繁にクリーニングを利用するわけじゃないのだけど、今後贔屓にさせてもらうことにします。次回利用時には、お礼を言うことにしよう。