読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

諦めています

ニンテンドーDSに「超執刀カドゥケウス」、という手術のゲームがあります。

もう何年も前のこと、この作品の続編「救急救命カドゥケウス2」という作品を遊んでファンになり、今回の一作目をプレイする機会が訪れたわけなんですが、早くも挫折しました。

奇病「ギルス」に立ち向かってどうのこうの、と言う話だけど、まだ「ギ」の字も出てきてません。

難しいとは聞いていたけど、ここまでとはね。2は相当難易度を下げて調整しているってことなんだろうなあ。う〜む。

 

それにしても。

 

まあ、数回同じステージをプレイしてみて勝機を全く見い出せないので、「まあいいか」と諦めて箱に片付けたのだけど、もう少し頑張ってみようという気持ちにならないのは、自分にとって難しすぎるからなのかな。人気のあるゲームはこういったバランスが絶妙なんだろうなあ。

ゲームの上手な人は少しつまづいてもすぐに活路を見つけて、サクサク進んでいくのかな。そして、よりゲームに夢中になっていく。

お店やネットで、面白そうだなと色々なゲームを見かけはするのだけど、自分には面白く遊べないんだろうなと眺めるだけで終わる今日この頃。

年をとったものだ。