読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かさんの不思議

音楽活動の合間に感じる不思議なことを雑談しています。

気の毒な人達

【罪悪感】

罪をおかした、悪いことをしたと思う気持ち。

 

昨今大抵の自治体でも似たようなものなんじゃないかと思うのだけど、粗大ごみなんかはそのままゴミ捨て場に捨てず、お金を払って処分すると思う。ゴミ捨て場に置けば、何でもかんでも自然消滅するわけじゃないし、ゴミを処理してくれる人だってボランティアじゃないからね。

 

私は一応、マンションの理事長なのですが、今朝方管理人さんから連絡がありました。ゴミ捨て場に来て欲しいと言う。「何かなあ」と思って行ってみると、まあ、捨ててありますよ。マットレスとか鉄パイプとか木の柵とか。大体マットレスは分かるけど、他のゴミは今まで部屋に置いてあったの?という代物。

管理人さんは犯人の目星がついているようで、その人はそもそも公共部分のフロアからゴミが散らかっていたとか。今度引っ越すという話もしていたそうで。で、今はもう蛻(もぬけ)の殻。ふーん。

 

早い話が、引っ越しついでにいらないものは処分してしまおう。でもお金のかかるものは、払いたくないからそのままゴミ捨て場に捨ててしまえ。ということですな。本人に確認したわけじゃないから定かではないが。私が呼ばれたのは、この処分費用をマンションが払うかどうかということだったのだ。

 

…払うわけないやん。なんで払わなあかんねん。

 

カメラも設置してあることですし、どんなことをしても払わせるつもりでいるのだけど、こういうことをする人ってどういう性根の持ち主なんだろうね。本当に親の顔を見てみたい。ついでに説教したい。

 

まあ、私もそれほど他人を思いやる人間じゃないとは思うけど、それでも酷い話ではないですか。

 

こういうことをする人ってどこへ行っても同じような問題を起こすんだろうなあ、まあ、せいぜい自分の地位や居場所を失わないようきばりや、と思う事にするけども。

 

ほんと、気の毒な人だね。